読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sara's make a KO-MONOZUKURI-life

日々ぼちぼちしているハンドメイドやDIYを記録に残してみようかなとはじめました。娘ができてからはじめた裁縫や引っ越してからはじめたDIY、初心者でもいろいろ楽しんでます♡娘の成長も一緒に綴っていけたらいいなと思っています。もう一つ、第二子をこの腕に抱きたく奮闘中です。不妊クリニックに通う不育症と診断されながらの妊活、マタニティーライフを残したいと思います。

結婚から第一子の妊娠と誕生まで①

  • 結婚〜不妊クリニックへの通院開始

大学時代からの付き合いの夫。私は早く結婚したかったけど、夫には結婚までにやり遂げておきたいことが沢山あって、結婚したのは付き合って11年経ってからでした。当時は「この人ちゃんともらってくれるのかな?!」と疑心暗鬼だったもんです、笑。そして2012年、2月20代最後の日めでたく入籍しました。


当時は看護師として婦人科と消化器内科の混合病棟で働いていました。総合病院には珍しく、採卵や胚移植
、顕微授精まで行っている病院でした。20代後半の方から40代の方まで治療に来られていて、女性の妊娠のタイムリミットを日々感じでおり、結婚したらすぐにでも子どもがほしいと思っていました。


夫の職場が私の職場とは2時間半ほど距離があり、入籍してから私が退職するまで半年ほどばらばらに住んでいました。そして2ヶ月間基礎体温のデータ収集をし、同年7月から不妊専門クリニックに通院しはじめました。


11月に結婚式を控えており、そこまで焦ってはいなかったのですが、早々と4ヶ月が過ぎ、結婚式の二次会の時のビデオレターでの「早く孫を抱かせてほしい。」というお義父さんの一言には、ちょっとこれからちゃんと授かれるのか不安になりました。何気ない一言なんですけどね、こういうのに敏感になるのが妊活中あるあるですよね;^_^A


つづきます





ランキング参加しています。
読んだよー、とクリック頂けると更新の励みになります*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村