Sara's make a KO-MONOZUKURI-life

幼稚園年少の娘と大変な妊娠経過を経て産まれた0歳の息子との毎日。趣味のハンドメイドやプチDIY、モニターや育児やおでかけ、幼稚園のいろいろなど。おなじ日々は2度とこない、をモットーに過ごす日々。

妊娠判定日

よく、ネットで"妊娠超初期症状"なんて調べてしまう私。これも赤ちゃん待ちの皆さん誰もが経験したことがあるのかな、と勝手に思っています。でもこの周期はあんまり調べなかったなぁと(^_^;)あまりにもなんの兆候もなくってですね(^_^;)




今回は、夫の夜勤が排卵予想日付近にはなく、比較的しっかりタイミングを合わせることができました。あとはバイアスピリンを夕食後に飲むだけ、というヘパリン注射がないストレスの少ない穏やかな周期だったように思います。




妊娠判定日は最終卵胞チェックの2週間後。いつもはじまる生理前のなんともいえない下腹部の重だるさ。。。「あぁ、また来そうだなぁ;^_^A「今回も残念でした」ってまた先生に言われそうだよ。笑」なんて前日に夫と話していました。



当日、尿検査をとって、採血。結果が出るまで小一時間かかるのでいつも娘をつれては行けない少しおしゃれな静かなカフェで時間を潰す。。。これ、唯一の贅沢!!で、少し早めに戻って呼ばれるのを待ちます。
この間はいつもなんとなくソワソワします。毎回フライングはしない主義です。

「。。。おめでとうございます。妊娠していますね。今回血中hcg78 3w6dです。」

まだ手放しで喜べる日ではないことを重々理解しながら、それでも手が震えるほど嬉しかったです。

これからのいくつもの壁、頑張ってこえていけるかな。。。でも、ここを通らずにあかちゃんに会えることはない。。。妊娠自体が1つの大きな壁なのでそれをこえたことがまずひとつ。。。


喜びと、不安と、期待と、恐怖。。。全てが混ざったような、そんな震えだったのかもしれません。



前回は悪阻がとても辛く、出産までつづいたり妊娠12週あたりで少し出血し切迫流産で寝たきりになったり
大変だったので今回はトラブルの少ないマタニティーライフを送りたいなぁ、なんて思っていましたが。。。なんのこっちゃない、前回以上に問題や不安ばかりの妊娠生活が私を待っているなんて、この時の私には予想すらしてませんでした{(-_-)}







ランキング参加しています。
読んだよー、とクリック頂けると更新の励みになります*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村