Sara's make a KO-MONOZUKURI-life

幼稚園年少の娘と大変な妊娠経過を経て産まれた0歳の息子との毎日。趣味のハンドメイドやプチDIY、モニターや育児やおでかけ、幼稚園のいろいろなど。おなじ日々は2度とこない、をモットーに過ごす日々。

娘 3歳10ヶ月 息子 6ヶ月 流行の最先端!手足口病に。。。_φ( ̄ー ̄ )

おはようございます



こんなこと、最先端じゃなくていいのに


と思いつつ、今週来週が感染のピークらしい手足口病にかかっている娘。





先週の月曜日に39度近い高熱が出て、珍しくこどもちゃれんじが届いたにもかかわらずずっとグッタリしていました。



しかも、全然食べない。



お菓子ですらも「いらない」
ジュースもちびちびしかのまず、わりと熱が高めだったので脱水が怖かったほど。


言葉数も少なく寝て、起きてテレビ見て、また寝て。。。




翌日36.5度


平熱



驚異の回復力だと感心していた午後


口の横に小さな小さなニキビのような発疹が5つ。





ん?



3時ごろ指の間のところに同様のものがぷわぁと。。。



こ、こ、これはっっ




手足口病っっヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3




という次第です。




以降家で缶詰状態の3人です。





結果的には昨日は口が痛かったから食べれなかった、と話していました。




あんなにおしゃべり上手なのに、なかなか自分のこと体調のことを伝えるのは難しいんですね(-_-)zzz








息子はなんでもベロベロ口に入れてしまうし、覚悟はしていましたが、数日後同様の発熱と発疹。




ですよね。。。




守りきれなかった。。。




おかげさまで熱は下がって機嫌はいいのでホッとしています。






手足口病に対して使えるお薬というのは特になく、元気になるのと人にうつさないようになるのを待つだけなのです。



*潜伏期間は2〜5日くらい

*原因となるウイルスは一つではなく終生免疫がつくわけではないので何度でもかかる

*ウイルスによって熱の高さや発疹の出方などがちょっとずつ異なる

*1ヶ月ほど他者にうつす可能性は否定できないが、発疹の消失で随分うつすのはマシになる

排泄物からのウイルスに注意

*こどもには驚異のスピードで感染するが、意外にも大人の感染率は0.6パーセントほどらしい

看病している親はもうすこし高い感染率

*発疹に対しては絶対にステロイドは禁忌!!


ちなみに、幼稚園や保育園への出席停止の期限はないんです。なぜなら、絶対にうつさなくなるという時期になるまでは長すぎるから。
でも、病院で診てもらって行ってもいいよと言われるまで休むのがマナー。



くらいですかね。。。役立つ紗羅情報、まとめです。




意外に知られていないのは、水ぼうそうとか感染症系の発疹にはステロイドは絶対にだめだということ。


免疫力を下げてウイルスが元気になってしまいますよ。


日頃アトピー性皮膚炎などで使っている方は気をつけないといけません!
普段使用している人はよく効くことを知っているので、これにも効くかもと、使っちゃう人案外いるかもしれません。




以上。



早く元気になって誰かに会いたい、どこかにいきたい。。。夏休みおわっちゃうぜ。。。



ちなみに1週間たった娘は、発疹は完治!


あとは息子、君だけだ、がんばろう!!





発疹はこんな感じ、参考になれば。。。











ランキング参加しています。
読んだよー、とクリック頂けると更新の励みになります*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*↓
ブログランキング・にほんブログ村へ