Sara's make a KO-MONOZUKURI-life

幼稚園年少の娘と大変な妊娠経過を経て産まれた0歳の息子との毎日。趣味のハンドメイドやプチDIY、モニターや育児やおでかけ、幼稚園のいろいろなど。おなじ日々は2度とこない、をモットーに過ごす日々。

娘 5歳7ヶ月 ラン活 〜土屋鞄編〜

おはようございます。


引き続きまして、ランドセルを探している方なら一度は必ず聞いたことのあるランドセル!


土屋鞄さん



今季最後のワークショップの予約がとれたこともあり、ものを作るのが大好きな仲良しなお友達と一緒に行ってきました。



3月31日に寄せてもらったのですが、残念ながら2020年モデルの展示はまだでした。でも、4月何日かからの展示なそうです。


毎年すごい人気の工房だけに、ぜひぜひランドセル、手にとってみたかったので2019年度ものでも触れることができてよかったです。大きくはデザインも変わらないとのこと。



一言で言うと

王道ランドセル🎒



赤色や黒色は、自分が使っていたのをやや思い出しました(*´Д`*)





今年のものは背中にあたる部分が独特なお色味のものもあるようです((((;゚Д゚)))))))



しかしながら


残念なことに娘の心にはまったく響かず。。。




試しでつけてと頼んでつけてもらったヌメ革。
やっぱり素敵なお色味♡



こちらは10万を超えると高さだったはず。それでも希少価値が高く早くになくなるという噂のお品。
流石に買えないなー、なんて思いつつ。娘をみたら。。。


え??


泣いてるー((((;゚Д゚)))))))



うそーー?!



どうしても、ニノニナさんがいいという思いと、茶色はいやだという思いに負けたそうです。。。





さて、そのあとワークショップを。



小鳥のブローチを作らせてもらいました(*´Д`*)


小鳥の形に切ってもらっている皮生地に毛糸を通していきます。



表から通した糸はまた同じ表からいれます。裏から入れたらまた裏からいれます。


優しいおねえさん先生が、こどもたちのやる気を出させつつ、声かけしてくれたり教えてくれたりします。


とっても一生懸命、楽しんで作ってたんです。

しかしながら娘。。。


表裏がぐちゃぐちゃになってきて




うぅーん

作り直すこともできるよ、どうする??


と聞かれたのをきっかけにまた大泣き。


どっちでもいいーーー!!!!。゚(゚´Д`゚)゚。



息子が逃亡を図りそちらにかかりきりだった私も呼ばれ、どうしますか??と



作り直したいか聞いたら、このままがいいとのこと。


もう勝手にしてくれ、と思うほど最近感情の起伏が激しくて本当にげんなりします。
これも引っ越しや転園のストレスからきているのなら、と寄り添うように心がけてはいるのですが。。。



泣きやむのを待ち続きをつくりますが、

やれ、小鳥の目の位置がズレた

やれ、色を間違えた


とあと2度ほど大泣きし作り終えました。。。


こんなに泣いてるのは娘だけでした(><)





体調崩して病み上がりだったのもあるのかな。
そういうことにしておこう。。。




できあがったら満面の笑顔。


お揃いの職人エプロンにも萌えです(*^^*)




今日一番楽しかったのはなんですか??

の問いに


ワークショップ!!!


と答える娘に「ほんと?ヽ( ̄д ̄;)ノ?」と恐怖を覚える母でした。




ラン活といいながら娘こちらにはならなそうでランドセルの情報が超おろそかでごめんなさい(><)



お店の雰囲気も素敵で店員さんも皆さん素敵な方ばかりでした。


小さい子を連れて行ってても退屈せず遊べるスペースもあり、ぜひぜひ店頭で直接見られたらいいんじゃないかなーと思います(*´Д`*)




ここだけの話
だれよりも楽しんでいたのは息子かもしれない。笑





土屋鞄さんありがとうございました(*´Д`*)



ランキング参加しています。
読んだよー、とクリック頂けると更新の励みになります*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*↓
ブログランキング・にほんブログ村へ